金属アレルギーの原因は歯科治療だった?

アレルギーの原因の中でも代表的と言えるのが金属によるものでしょう。

金属アレルギーを持っている人は珍しくなく、ピアスや腕時計、ネックレスなどの身近な装飾品が理由でアレルギーが起こることもあります。

もしアレルギーの場合かぶれやかゆみなどの症状が出ますから、不調を感じやすく原因もすぐに判明します。

しかしながら注意したいのが、金属アレルギーの症状は必ずしも身に着けるものだけが引き金になっているわけではないということです。

そして特に注意したいのが歯科治療でも利用される金属素材です。

歯科治療でも利用される金属素材でアレルギー?

口内に原因がある場合ですと気付きにくいという問題があります。

身に着ける物によってアレルギー症状が起こっているのなら分かりやすいものの、不調の原因が口の中にあると考える人は少ないはずです。

それゆえに何らかの違和感がある場合でも理由がよく分からないままで、時にはまるで関係のない対策がされるようなこともあります。

しかしながら不毛な対策がされてしまうことがあるのも無理はありません。そもそも金属アレルギーというとかゆみやかぶれといった症状が有名ですので、そうした症状ではないと金属アレルギーの可能性を疑うに至らないものです。

ところが口内に理由がある場合、かゆみなどの不調ではなくだるさや肌荒れ、ニキビなどの金属アレルギーでよく知られている症状とは違った不調に見舞われてしまいます。

だるさなどが起こった時には、金属アレルギーというよりも疲労の蓄積や寝不足、食生活などが疑ってしまうことでしょう。

しかしアレルギーが起因するものですとそうした対策では改善ができず、原因がよく分からずに悩まされてしまいます。

どうして金属アレルギーは起こるの?

ではそもそもなぜアレルギー症状が起こるのかその理由ですが、まず金属がイオン化することで体内へと入っていきます。

するとタンパク質との結合が起こりアレルゲンへと変換されるのです。アレルゲンは体からすれば不要な存在ですから排除しようとする機能が働きますが、それによって体にも過剰反応が起こって様々な不調をきたしてしまうのです。

そして体内から吸収された場合に注意しなければいけないのが、全身に作用する恐れがあることです。時には頭痛やアトピー性皮膚炎、髪の毛の脱毛、全身のだるさなどを引き起こしてしまいます。

こうした大きな症状が出てくると、もはや口内の金属が原因になっていると疑われる可能性は低く、医師でも見落としてしまうことがあるのです。それゆえ余計に何が起因しているのか分からない状態になってしまい、理由も不明な謎の不調として悩まされるようになってしまいます。

しかし金属が理由の場合、それを取り除くことで劇的な改善が望めることもあるのです。実際に何十年も不調に見舞われていた人が口内の金属を取り除いたところ、嘘のように症状が消えたという事例も存在します。

適切な対処さえすれば症状が消える可能性も高く、銀歯や詰め物がひとつの原因になるという事実を認識すると共に、取り除くことも考えていくことが必要と言えるでしょう。

金属を使わない歯科治療

ただ、歯科治療の際にはなるべく金属は使用しないようにするという流れもあります。銀歯を使わずに治療することをはじめ、歯列矯正をする時のワイヤー素材にも注意が払われています。

そのためこれから治療を受ける場合はリスクが低いとも言えるのですが、ただすでに銀歯や詰め物などがある人も沢山いるはずです。

そういった人の場合、すでに影響を受けてしまっている可能性もあります。そのため理由が分からない不調がある場合は取り除くための治療を検討してみることも大切です。

金属を全く使わずに治療することも可能ですから、これから差し歯治療などを考えている人は歯科に相談へ行ってみると良いでしょう。

種類がたくさん!前歯の差し歯はどれを選ぶべき?

【広告】